カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?

5d89cc8356df9b8c01d581fd1f1fe980 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?サッカーでカーブを蹴るのは、男なら誰でも憧れるはず。

素晴らしいカーブを蹴るためにオススメのスパイクをまとめました。

 

 


カーブが蹴りやすいスパイク

カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?

カーブシュートを蹴るために必要なのは、力ではなくテクニック。

そしてそれに加え、「スパイク」が非常に重要な要素です。

 

サッカーのスパイクといっても、様々なメーカーがあります。

主要メーカーとしては、アディダス、ナイキ、プーマ、アンブロ、ミズノなど…

 

それぞれのメーカーで、様々なタイプが作られていますが、

カーブの名手といわれる中村俊輔ベッカムが履いていたのが、アディダスのスパイク。

ff3a90f8466514d8b372677b49355c00 265x300 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?

おそらく日本人選手史上、最高のキック精度を誇るのが中村俊輔です。

 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?

彼の高速カーブは美しく、見る者を魅了しました。

 

キック力が弱い日本人である中村俊輔が愛用しているのが、
アディダスのアディゼロ F50」シリーズ

アディゼロ F50シリーズの中でも、
中村俊輔が履いているのは
天然皮革モデルadidas アディゼロ F50-ジャパン TRX HG LEA

オレンジ

※欲しいサイズが売り切れの場合はこちら※

↓この動画で履いています(これはアディダスの宣伝動画ですが)↓
 

 

香川真司やメッシのスパイクもアディダス「アディゼロ」!

上の動画を見て気づいたと思いますが、

香川真司もこのシリーズのスパイクの愛用者だったんです。

861f16225d9d6396fe9012c24dece3c6 300x225 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?

画像:adidashttp://www.adidas.com/jp/

 

 

 

 

ですが、

今シーズン、また、ブラジルワールドカップで履いているシューズはこのシリーズの最新作

<バトルコレクション>adizero(アディゼロ) F50 ジャパン HG WC(ワールドカップ)[香川真司着用モデル]

です。

 

なんと、

重さ150グラム!!

かかとの部分に特殊なメッシュ素材を使用することにより、この究極の軽さを実現ました。

ものすごく軽く、香川真司のようなスピードとキレで相手ディフェンダーを抜く選手にはもってこいです。

 

db41773e3940c1fc9b5d8eed7e64147c 300x300 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス? 2a7417ec14aeabab3d12ea7f16653e83 300x300 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?
4ee9a494732a8a2ebbbeebe16dc5243a 300x300 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス? 24a00552d86fd6f65a6360f9e7585e11 300x300 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?

 

これは普通にオシャレですね。

中村俊輔や香川真司、ベッカムのように、トップ下で活躍したい方にはアディダスのスパイクを。

 

そして実はアルゼンチン代表のメッシも同じモデルのシューズを着用しています

ただし、こちらはメッシ専用カラー。

ブルーが入った、メッシ専用アルゼンチンカラー。

友達とは違うものが良い!という方にはこっちのカラーがおすすめです。

※欲しいサイズが売り切れの場合はこちら※
 

 

おまけ (誰でもカーブが蹴れるボール)

こんなのもありましたw

お子さんの遊び用に。

 

誰でも本田圭佑クリスティアーノ・ロナウドのような「ブレ球」が蹴れるボール。
その名も「ブレダマスター」

4号(ジュニア・キッズサイズ)

「絶対に蹴ってみたくなる!」
ようです。

サッカー好きの男の子はすごく喜びそうですね。

 

最後に、ミラクルカーブの動画をどうぞ。(音量注意)

 

3cd8e5bd3ccafffcf952d4da1f06d92c 300x155 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?
本田圭佑のような無回転キックが蹴れるスパイク

3b9e9b65a1a36f31abdd31be1b320f80 300x1681 カーブが蹴りやすいスパイクはアディダス?
女性用・かわいいピンク色のスパイク特集









Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ